OWL TOKYO PROJECT
プロジェクト

アウルの民泊プロジェクト

「民泊」という
不動産活用の新しいカタチ

今後ますます増える外国人旅行者。中でも2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催期間中に宿泊者を受け入れる施設の不足は明らかです。
これらを背景として、2016年4月1日に旅館業法が改正され、マンションやテナントビルの空き部屋を活用した、合法的な民泊運営が可能になりました。

アウルでは、かねてより民泊サービスに注目し、様々な事業実績をもとに企画開発をスタート。都内では通常の2倍近い利回りが見込める4つの民泊プロジェクトを立ち上げました。
これらは民泊という不動産活用の新しいスタイルの確立と経済・地域の活性化につながるものとして、不動産業界はもとより、さまざまな業界からも注目を集めています。

民泊とは?

厚生労働省では、「住宅(戸建住宅、共同住宅等)の全部または一部を活用して、宿泊サービスを提供するもの」と定義しており、当面は旅館業法の「簡易宿所」の枠組みを活用することとしています。
もちろんアウルの民泊プロジェクトも、これに則ったものとなっています。

簡易宿所の構造設備の主な基準

簡易宿所の許可を取得するために必要な主な基準です。これ以外に、都道府県が定めた条例への適合も求められます。

客室の延床面積について
33㎡以上であること
※2016年4月1日の改正により、収容定員が10名未満の場合は3.3㎡×収容定員であること
階層式寝台について
階層式寝台を設ける場合の上段と下段の間隔は、おおむね1m以上確保すること

OWL TOKYO PROJECT

  • PROJECT1
    古いビルのワンフロアを民泊施設に改装
    「ボロビル再生プロジェクト」

    テナントビルのワンフロアを全面改装し、簡易宿泊所の許可を取得し民泊として運営するプロジェクト。

  • PROJECT2
    民泊を見据えた新築マンション設計
    「湯島プロジェクト」

    新築マンションの企画設計段階から、合法的な民泊運営を見据えてプランニングするプロジェクト。

  • PROJECT3
    民泊運営をアウルが完全代行
    「手間ゼロでの民泊(仮)」

    現在、準備中です。楽しみにお待ちください。

  • PROJECT4
    +αの付加価値をつくる
    「泊まる+αの次世代民泊(仮)」

    現在、準備中です。楽しみにお待ちください。


不動産、不動産投資、アパート経営のことなら、アウルへお任せ下さい。
時代のニーズを正確につかみ最適なご提案をさせていただきます。
不動産投資に最適な立地である、札幌を中心に東京支社から全国に展開中です。
---
Real estate , real estate investment , Save the apartment management , please leave to the Owl . We will carry out accurately grasp optimal suggestions the needs of the times . Is a perfect location in real estate investment , it is being deployed across the country from Tokyo branch office in the center of Sapporo .

名称
株式会社 アウル
所在地
東京都港区虎ノ門1丁目1番23号ウンピン虎ノ門ビル3階
札幌市中央区南1条西20丁目1番25号OWLビル3階
TEL
03-6457-9400(東京支店) / 011-623-4667(札幌)
設立
平成13年2月1日
資本金
4000万円
役員
代表取締役 谷 隆志
事業内容
不動産管理業務
不動産土地建物売買及び賃貸仲介業務
不動産投資物件企画及び不動産投資物件販売業務
取得免許
宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第7658号